板金塗装をする場合の注意点|カスタムカーのメリット

板金塗装をする場合の注意点|カスタムカーのメリット

車の模型
このエントリーをはてなブックマークに追加

2ピースホイールの利点

タイヤ

車の見た目を少しでも変更したいという方はアルミホイールを交換することが多くあります。しかし、新品の場合は高額になるので中古ホイールで安く購入するという方法を使うのもよいでしょう。

詳しくはこちら

内容成分による違い

自動車

自動車のコーティング剤は様々なものが販売されていますが、ガラスコーティングと書かれている商品は内容成分を確認すると実はガラスでないこともあります。そのため、購入前に成分を確認して選ぶようにしましょう。

詳しくはこちら

塗装時の色の合わせ方

車

車のボディについたこすり傷やへこみは板金塗装屋で修理してもらうことができます。それぞれの箇所によって修理費用が異なってきます。修理をする際は、こすった部分やへこんだ部分を比較的元の形状に戻し、その状態で塗装をするという作業を行い、塗料が乾くまでに1日ほどの時間をおくことが必要です。また依頼する工場が予約でいっぱいの場合には預けてから数日から1週間ほどかかることもあるでしょう。その間は車に乗れない状態となってしまうので代車の用意があるかどうかを確認して依頼するようにしましょう。
板金塗装屋では、それぞれの車種にあったメーカー純正の塗料を用意していますが、修理を依頼する車種がカスタムカラーなどである場合は、調合してその色に近い色を再現します。しかし、配分量がわからない場合はあくまで近い色を再現するというのみで、完全に同じ色にすることができないため多少の色の違いは覚悟しなければなりません。純正色以外を使ったカスタムカーはそこが最大の弱点です。修理をする場合にはその部分を完全に元の状態に戻すのはほぼ不可能です。それでも個性を出すことを重視したい場合はそのようなケースも想定して、塗装時にそれぞれの配合量を聞いてとめておくとよいでしょう。

板金塗装屋は数多くありますが、同じプロの工場といっても各工場の職人に技術の差があるのでどの工場がよいのかを選ぶ場合はネットのウェブサイトなどで過去の実績や評価などを確認してみましょう。また、板金塗装屋によって一級塗装技能士の資格を持っているところとそうでないところがあるので、そういった情報をもとに判断してみると最適な工場選びができます。

各工場での車検のメリット

整備

車検は2年に1度の定期的なタイミングで通す必要がありますが、特にどの場所が良いと決めているわけではないという人が多いでしょう。北九州市内でもいくつかの車検を通せる工場があるので、それぞれのメリットを見比べてみましょう。

詳しくはこちら